世界陸上競技の有力注目日本人選手一覧/男女

福士加代子/世界陸上女子マラソン代表

プロフィール

青森県の高校を卒業後、ワコールに入社してから好成績を残すようになった選手です。
 
2003年の「世界陸上パリ」10000mは11位、初出場となった「アテネオリンピック」では26位と成績は振るいませんでしたが、その後にタイムを縮め、2006年の「香川丸亀ハーフマラソン」、「ドーハアジア大会」10000mで優勝しています。

 
レース中に靴が脱げる、転倒などのトラブルに見舞われたこともありましたが、2011年の「シカゴマラソン」では3位入賞、2012年「日本選手権」5000mでは2位を果たしました。
 
また、2013年の「大阪国際マラソン」では初の世界大会代表に選ばれ、こちらでも2位入賞。
 
同年の「世界陸上モスクワ」マラソンでも3位になるなど、活躍を続けます。

 
アテネオリンピック」以降も、北京・ロンドン・リオの4大会に連続出場しており、「リオデジャネイロオリンピック」では日本人女子選手で最上位の14位と健闘。
 
ですが、インタビューの受け答えやその態度に批判の声も上がるなど、成績以外でも注目を集めている選手です。

基本情報

b27player008
(Photo by 諫山卓弥)

 
名前: 福士 加代子(ふくし かよこ)
 
出場種目: マラソン/リオ五輪
 
国籍: 日本
 
出身地: 青森県
 
生年月日: 1982年3月25日
 
身長/体重: 160cm/47kg
 
所属: ワコール
 
自己ベスト: 1500m/4分21秒61、3000m/8分44秒40、5000m/14分53秒22、10000m/30分51秒81、ハーフマラソン/1時間07分26秒、マラソン/2時間22分17秒
 
公式HP/Blog: http://www.wacoal.jp/spark-angels/profile/member/k-fukushi.html(ワコール女子陸上競技部HP)
 
公式Facebook: -
 
受賞歴
アスレティック・アワード 優秀選手賞(2007年)
アスリート・オブ・ザ・イヤー(2013年)
 
著書: なし
 

※ 写真引用元:朝日新聞デジタル/http://www.asahi.com/

 

関連記事

  1. ケンブリッジ飛鳥/世界陸上男子100m代表
  2. 高瀬慧/世界陸上男子200m代表
  3. 藤光謙司/世界陸上男子200m代表
  4. 山縣亮太/世界陸上男子100m代表
  5. 飯塚翔太/世界陸上男子200m代表
  6. 桐生祥秀/世界陸上男子100m代表
  7. 鈴木雄介/世界陸上女子20km競歩日本代表
PAGE TOP